Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

PDCAサイクルとは?

  • 自己分析
  • 働き方

2022.06.17

PDCAサイクルとは?

PDCAサイクルとは?

就活を始めるとPDCA(ピーディーシーエー)という言葉を良く耳にすると思います。
PDCAって英語が並んでるけど、これって実際どういう意味?って思ったことありませんか?
そこで今回は、PDCAサイクルという言葉を簡単にご紹介したいと思います!

まず、PDCAはそれぞれの単語の頭文字です。
P・・・Plan(計画)
D・・・Do(実行)
C・・・Check(評価)
A・・・Action(改善)

Plan(計画)して、Do(実行)して、Check(評価)して、Action(改善)する。
そしてまたPlan(計画)に繋げて、それを繰り返し回すことをPDCAサイクルと言います。

このPDCAサイクルは目標・目的を達成するために使われる効果的なサイクルと言われています。

Plan(計画)

目標を設定し、Plan(計画)を立案します。

Do(実行)

Plan(計画)をDo(実行)します。

Check(評価)

実行した内容の検証(評価)を行います。
①Plan(計画)通りにDo(実行)できた→しっかり成果も出た。
②Plan(計画)通りにDo(実行)できた→効果が出ず、目標が達成できなかった。
③Plan(計画)通りにDo(実行)できなかった→成果も出なかった

①の場合は、Plan(計画)したことをDo(実行)すれば成果が出るという経験を積めるため、自分のノウハウとなりますので1ランクアップです!→次のステップに進むことが出来ます!
②の場合は、なぜ成果が出なかったのか。Plan(計画)の方向性や量・質が足りなかったかを振り返ります。
③の場合は、なぜPlan(計画)通りにDo(実行)できなかったのかを見つめ直します。

Action(改善)

Check(評価)結果を受け、今後どのような対策や改善を行なっていくべきかを考えます。
そして新たなPlan(計画)につなげていきます。

————————-
PDCAサイクルは、PDCAを繰り返し回すことで出来たこと出来なかったことが明確となり、
何をしたら良いかを考えて行動できるようになるフレームワークです。

重要なのは、PDCAの大きさではなく小さなPDCAでも繰り返し回していくということです。
PDCAを繰り返し回すことで、自分の中で経験とノウハウが積み重なり、自身でしっかり成長を感じることも出来ます!

今、転職活動や仕事でなかなかうまくいかないと感じている方もいるかと思います。
そんな時は一度立ち止まり、PDCAサイクルを意識して取り組むと、
意外と上手くいくようになるかもしれませんので一度試してみてはいかがでしょうか🌸

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.