Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

質問に答えられなかった、なのに結果は【内定!】NG行動をなくそう!

  • 面接
  • 橋本コラム

2022.04.18

質問に答えられなかった、なのに結果は【内定!】NG行動をなくそう!

質問に答えられなかった、なのに結果は【内定!】NG行動をなくそう!

こんにちは!Owen株式会社の橋本です?
早速ですが皆さんは面接時、面接官の質問をしっかりと理解して答えることが出来ていますか?

今回は、オンライン面接や対面面接でも使うことが出来、
質問に答えられなくても、少しでも良い印象を持ってもらえる行動をご紹介します!

答えられて当たり前!なんて質問もあれば、え!?考えていなかった!と、
焦りつつ即座に考え、発言しなきゃいけない経験はありませんでしたか?
私はありました。(笑)

そんな時、皆さんはどういった行動をされますでしょうか。
自分はこっちだな〜と思う方を選んでみて下さい。

【A】無言で答えが出るまで考える
【B】う〜ん、、と言葉に出して考える

ん?どっちもNGじゃない?と思いませんでしたか?
いえいえ、正解は【B】なのです!

もちろんどちらも質問にしっかりと答えようと
考えているという部分は良いです。

ただ、無言で30秒〜1分ほど何も言わずに考えるか、
う〜ん、、そうですね、、と言葉に出して考えるのとでは大きく差があります。

ここでのポイントは
「相手にも分かりやすい行動を取ること」
がカギとなります。

緊張して答えが飛んでしまっていたとしても、
言葉のキャッチボールをしようと努力していることを
相手が分かるように表してみましょう。
「自分は考えているから無言なんだ」という考え方は自分自身しか分かりません。
面接官からすると、不機嫌なのかな?ちゃんと聞こえていなかったのかな?
なんて思われているかも。。

答えが分からなければ分からなくていいのです。
『申し訳ございません。勉強不足です。』
『考えたものの、分かりませんでした。』

しっかりと答えたい!理解したい!そう思わせる行動を取り、
内定獲得に繋げましょう?

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.