Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

離職期間が長引いてしまった時の回答方法!

  • 面接

2022.05.02

離職期間が長引いてしまった時の回答方法!

離職期間が長引いてしまった時の回答方法!

転職活動は計画通りに進まない事もあり、離職期間が長引いて焦りを感じている人もいるかと思います。
平均的な転職活動期間が『2〜3カ月』と言われる中で、
離職期間が長引くと更に悪い結果に繋がってしまう可能性もあります、、。
そこで今回は離職期間が長引いてしまった時の回答方法!というテーマで記載したいと思います。

まず、離職期間は一般的に3ヶ月までが良いとなっております。
3ヶ月より長い間仕事をしていないと仕事の感覚が鈍ってしまったり
休み癖がついてしまったりするためです。
採用担当者は、離職期間が長引いている人に対しては、
「この期間、どう過ごしていたか?」とおそらく聞いてくると思います。
その質問に対し、しっかり納得感のある回答をしないとだらだら過ごしていたんだなと思われてしまいます。

離職期間が長引いてしまった時の回答例

◆ 資格の勉強をしていた
難関資格であれば、「転職活動が長引くのもしかたない」という納得感はありそうです。

◆ 家族の介護をしていた
本人の意思や努力では改善できない事情ですので、採用担当者も事情は理解してくれるでしょう。

◆ 短期の語学留学をしていた
応募する仕事を想定して英語力を活かした活躍イメージを語れればアピールにつながりそうです。

◆ フリーランスで単発の仕事をしていた
応募先の仕事と関連ある仕事なら、採用担当者も前向きに検討してくれるでしょう。

◆ 就職活動をしていた
本気で就職活動をしていた場合も、具体的にどのように就職活動をしていたかを伝えられれば採用担当者もわかってくれることもあります。


離職期間も理由によっては、しっかり理解してもらえるので、
納得感のある回答が出来るようしっかりと準備しましょう!

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.