Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

面接で短所・自分の弱みを回答する際のポイント

  • 面接
  • 自己分析

2022.06.10

面接で短所・自分の弱みを回答する際のポイント

面接で短所・自分の弱みを回答する際のポイント

面接でよく聞かれる項目の「短所」「自分の弱み」。
今回のコラムでは面接で短所を聞かれても困らないように、
気を付けるべきポイントをお伝えします!

そもそも、なぜ面接で短所を聞くのか。

①改善、対策のための行動ができているか。

面接官が知りたいのは短所そのものではなく、
自己分析が出来ているか、短所とどう向き合っているか、短所を認めているという謙虚な姿勢、またそれを改善して克服しようと行動を起こせているかです!
しっかり自己分析し、短所と向き合い、面接官にしっかり説明できるようにしましょう!

②採用ポジションで求められる能力があるのか。

短所が採用ポジションにおいて大きな懸念にならないこともチェックポイントのひとつです。
例えば慎重さが求められるような職種において「大ざっぱ」という短所はミスマッチであり、
発想力が求められるポジションにおいて「アイデアを出すことが苦手」という短所は懸念材料になってしまいます。
短所にもいくつかの種類がありますが、短所が採用ポジションにおいて大きなミスマッチを起こすものではないかを見極めてからお伝えすると良いかと思います!

面接で避けたい短所の回答例

①「短所は特にないです」

これは逆効果になる場合が多いです。
短所は誰にでもあるものなので、短所がないと答えることは「謙虚さがない」「自己分析ができていない」という印象を持たれることも…。
短所があること自体は問題ではないので、短所を正直に伝えた後でその短所とどのように向かい合い、どのように対処しているかまで誠実に伝えましょう。

②仕事とは全く関係のない短所を言ってしまう。

面接で伝える短所は仕事と関係のあるものを選ぶべきです。
例えば「動物が苦手」「車酔いがひどい」などは、動物と関わる仕事・車移動のある仕事などではない限り仕事には関係のない短所のため、質問の意図が分かっていないと思われる可能性があります。

今回は面接時の短所や自分の弱みを回答する際のポイントをお伝えしてみました!
参考にしていただき、面接に臨んでみてはいかがでしょうか。

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.