Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

転職の軸が『福利厚生の充実』は危険!?チェックするポイントとは?

  • 面接
  • 働き方

2022.04.28

転職の軸が『福利厚生の充実』は危険!?チェックするポイントとは?

転職の軸が『福利厚生の充実』は危険!?チェックするポイントとは?

こんにちは。Owenの橋本です?
皆さんは転職時どういったことを軸にされてますか?
今回は今後働いていく上で大切な福利厚生の部分で転職を考えられている方の
何かヒントになれるようなコラムを書いていきたいと思います。

そもそも『福利厚生』とは・・・?

⇒【企業が従業員やその家族に対して提供する「給与以外の施策や制度」のこと】です。
福利厚生には、法律で義務づけられた「法定福利」と、企業が任意で支給する「法定外福利」があります。

<法定福利>

健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労働者災害補償保険・社会保険料の事業主負担など

<法定外福利>

交通費・住宅手当・育児支援・健康診断など

企業が福利厚生を提供する理由には、
「従業員の満足度や意欲を高めたい」、「人材定着につなげたい」などが挙げられます!
そもそも福利厚生とは経営者が従業員やその家族の生活をどう捉え、
どうサポートしたいかを映し出すものともいえるでしょう。

転職で企業を選ぶ際は、福利厚生を見て企業が重視したい点と
自分が魅力を感じる福利厚生が合致しているかを事前にチェックしておくことがポイントです?

但し、福利厚生だけを見て転職先を決めるのは注意が必要です!!!
なぜなら、そもそも「法定外福利」とは永遠に約束された制度ではなく、
企業都合でなくなったり、新しくできたりする可変的なもの。

福利厚生だけに魅力を感じて入社してしまうと、業績の悪化や経営方針の変更により
福利厚生がなくなったときに、「急に働きづらさを感じる。。」、
「心の拠り所がなくなってしまう。。」、などの可能性も否めません。

つまりは、福利厚生だけで企業を選ぶことは転職失敗にもつながりかねません!

転職活動をする際は、企業理念やビジョン、仕事内容などをしっかりと理解し見極めた上で、
自分に合った企業を選ぶことが欠かせない要素であることは覚えておきましょう?

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.