Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

やりたい仕事が分からない、、、と悩んでいる方へ☆彡

  • 自己分析
  • 企業研究
  • 働き方
  • 就活相談

2022.07.20

やりたい仕事が分からない、、、と悩んでいる方へ☆彡

やりたい仕事が分からない、、、と悩んでいる方へ☆彡

転職活動を始めてみたけれど、「自分が本当にやりたいことってなんだろう?」
と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そこで、今回は少しでも興味のある業界や自分に合った職種を見つけていただけるよう、
やりたい仕事の探し方を4つまとめてみましたので、是非参考にしてみてください♪

①これまでの仕事内容を振り返る

まずは前職での経験や印象に残っていることを思い出してみましょう!
・嬉しかったエピソードは?
・嫌だったこと、大変だったことは?
・「よくできた!」と褒められたことは?
・上司やお客さんから言われて記憶に残っている言葉は?
・「自分の性格に合う」と感じた業務内容は?

具体的なエピソードなどを深掘りして書き出していくと
自分が大切にしたい価値観や得意なことを整理でき、やってみたいことが明確になるかも♪

②「どんなふうに仕事をしていきたいか」少し先の未来を考える

いきなり何十年も先のビジョンを描くのはなかなか難しいので、直近の目標などを考えてみましょう!
「職場でどんな存在になりたいか」「どんなスキルを身につけていきたいか」をイメージしてみてください。
具体的なイメージが難しいようであれば、
「顧客に喜んでもらいたい!」や、「縁の下の力持ちとして誰かを支えたい!」
「実力に応じた評価をされながら働きたい!」など

働く上での自分が大事にしたい価値観から
将来どんな姿になっていたいかを想像してみるのもいいかもしれません♪

③人に話して、客観的に自分を知る

自分で考えてみてもよくかわからない…そんな時は、
人と話をすることで客観的に「自分を知る」ことができるかもしれません!
身近な人に相談してみることで、自分が何を大切にしているのかや、人と違う部分などわかることもあります。
自分が思っている「私」と、周りから見えている「私」は意外と違うものだったりもするので、
新しい自分を知ることができるかも!

また、経験豊富な『キャリアアドバイザーに相談』することもおすすめ!!
第三者の視点から整理をしながら話をしてくれるので、ここでも新しい発見があるかも♡

④求人情報を見てみる

転職サイトを見ることで様々な業界を知ることができたり
未経験からでもチャレンジができる職業を見つけることもできます。
また、今まで知らなかった仕事に出会えることもあるかもしれません♪
まずは色々な職業を知り、そこから自分の気になる仕事を探すこともおすすめです。

求人票を見る際には、「有名な会社だから」「条件がよいから」「興味のある商品だから」と
表面的な情報にとらわれ、本来やりたいことから遠ざかってしまわないように注意が必要です。
また、少しでも興味が持てるようであれば
希望の業界でなくても一度目を通してみるにもいいかもしれません!

——————
転職活動を始めてすぐに「やりたい仕事はこれだ!」と明確に言える人はなかなかいないものです。
これらの方法を参考にして、ぜひ自分のやりたい仕事を見つけてみてください♬

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.