Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

どっちが良いの?転職活動は「退職してから?」「在職中に行う?」

  • 就活相談
  • 退職

2022.07.22

どっちが良いの?転職活動は「退職してから?」「在職中に行う?」

どっちが良いの?転職活動は「退職してから?」「在職中に行う?」

転職活動を始めてみたけれど、今の仕事が忙しくてなかなかうまく進められない…
退職して転職活動に集中したほうが良いのかな…
と悩んでいる方がいるかもしれません。
今回は、自分に合った選択ができるように
転職活動を「退職してから行う」時と「在職中に行う」時の
メリット/デメリットをまとめてみました!
ぜひご自身の転職活動の参考にしてみてください♪

「退職してから転職活動」メリット

・志望業界や職種の分析にしっかりと時間をかけられる
・新しい資格取得に挑戦する時間がとれる
・転職活動を最優先にできるため、一日の複数面接にも対応しやすい
・「急募」求人で優先される
・決まった条件を満たせば、失業手当や早期再就職支援金などを受けることもできる

「退職してから転職活動」デメリット

・活動がスムーズに進まないと希望条件に妥協が生まれやすい
・失業期間が長くなると、応募の際にマイナスになることがある
・収入はほぼなくなるため、数か月分の生活準備費用が必要になる
・時間があるため、だらだらしないように自己管理が重要となる

「在職中に転職活動」メリット

・収入が途切れることがないので生活面では安心できる
・在職中の企業と比較して、妥協せずに希望条件に合う求人を探し続けられる
・転職に伴う年金や保険などの公的手続きを自分で行う必要がない
・転職先を決めてからの退職のため、現会社から引き止められにくい

「在職中に転職活動」デメリット

・通常の業務で手いっぱいで時間がとれず、スムーズに活動が進まない
・面接などの日程調整が難しい
・資格取得や新しいスキル獲得のための時間の確保が大変
・休みの日に転職活動をすることになるので、気疲れしてしまう

——————
どちらが正解ということはありませんので
それぞれのメリット、デメリットを理解した上で
ご自身のライフスタイルに合わせた選択をしてみてはいかがでしょうか!

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.