Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

20代、30代、40代、年代別に気をつけるべきポイントとは?

  • 面接

2022.04.18

20代、30代、40代、年代別に気をつけるべきポイントとは?

20代、30代、40代、年代別に気をつけるべきポイントとは?

年代によって求められるスキル、経験などは異なりますよね!
そこで今回は、面接の際にどんな内容を面接官に話せばいいのか、
この年代で求められていることはどのような内容なのかをお伝えします♪

20代の面接ポイント

基本的には『ポテンシャルに期待』しています!
入社後に育成することを前提に「ポテンシャル採用」が多く、企業側も20代の転職者に対して、
入社後すぐに「会社に影響を与えるほどの大きな仕事」をしてほしい、と考えていることは少ないでしょう。
『少しずつ成果を出してほしい』と考えているケースが一般的です。

そのため企業は面接で「この転職で自分がどうなりたいか、どう変わりたいか」を質問することが多いです!

30代の面接ポイント

今までの経験から、この会社で『どのような貢献ができるか』
職務経歴書では、どのような会社の、どのような役職でどのような仕事をしてきたのか、
「キャリアを分かりやすく」伝えることが大切でしょう!

30代の転職は「ただこうなりたいから」など曖昧な言葉だと良い結果が得られません、、。

「私のこの経験を活かして御社でこういうふうに貢献できます」という『明確なアピール』をすることが必要となります☆彡

40代の面接ポイント

今までの『会社の貢献・実績』を伝えよう!
その人が入社することにより→会社がどう変化するか→人を動かして成果を上げる能力が求められるでしょう!

面接の際は・・・1、これまで部下のどういう育成をしてきた
2、部署全体で売り上げを〇%向上させた
3、これまでの経験を、アピール

40代で異なる業界への転職をする場合は、これまで何らかの関連や接点のある業界を選ぶことをおすすめします♪

————————–
年代によって求められる内容が異なるのが一般的です!
いつ、どのタイミングで転職活動を行うかは分からないかもしれませんが
今のうちに将来の転職活動を見据えた上で仕事に取り組むと良いかもしれません☆彡

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.