Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

「御社」「貴社」どっちを使えばいいか分からない…履歴書や面接での使い分けを覚えよう!

  • 面接

2022.06.20

「御社」「貴社」どっちを使えばいいか分からない…履歴書や面接での使い分けを覚えよう!

「御社」「貴社」どっちを使えばいいか分からない…履歴書や面接での使い分けを覚えよう!

相手の会社を表す言葉に「御社」と「貴社」があります。
いざ転職活動を始めようとして、「履歴書ではどちらを使えばいいんだろう?」「面接ではどちらだろう?」
と迷ってしまった人もいるかもしれません。
「御社」と「貴社」には明確な使い分けのルールがあります。
また、相手が一般企業ではない場合は、「御社」「貴社」が使えないケースもあります。
転職活動中に間違った使い方をしないよう、この二つの言葉について正しく理解しておきましょう!

転職活動で面接を受ける企業や、仕事で関わるクライアントや取引先などに対して、
その会社に対する敬意を示す言葉として使われます。
ビジネスシーンで頻繁に使われる言葉であり、社会人として必ず知っておきたい敬語と言えるでしょう。

この二つの違いはこちら!

⇒「御社(おんしゃ)」… 話し言葉として使う

⇒ 「貴社(きしゃ)」… 書き言葉として使う

「御社」は口頭で使う言葉、「貴社」は文書の中で使う言葉となります。
このような使い分けをする理由は、「きしゃ」と発音する言葉は他にも
「汽車」「記者」など数多く存在するため、
話し言葉で使うとどの意味で使っているのかがわかりにくいからだとされます。

但し、「御社」「貴社」はそれだけで相手への敬意を表すことができる言葉なので
「御社様」「貴社様」などは「二重敬語」と呼ばれる誤った使い方になります。
丁寧に表現しようと思ってこれらの表現を使うと、
かえって失礼になったり、ビジネスマナーを知らないと思われたりするので注意しましょう💡

面接時には『おんしゃ(御社)』、履歴書には『きしゃ(貴社)』と
使い分けをマスターし自分の中のビジネスマナースキルをあげて転職活動に挑みましょう🌸

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.