Owen Column

大手上場企業からベンチャー企業まで
8,000社以上もの未公開求人をご紹介

転職・退職理由を聞かれた時の良い回答とは?

  • 面接
  • 退職

2022.04.18

転職・退職理由を聞かれた時の良い回答とは?

転職・退職理由を聞かれた時の良い回答とは?

面接で、必ずといってよい程聞かれる質問の1つである、
「転職・退職理由」。
面接官への伝え方を誤ってしまうと、
マイナスな印象をもってしまう可能性もありますので、
回答する際は、気を付けなければいけません。

まずは転職・退職理由を聞く背景

①入社後の早期退職を防ぐため

②候補者の価値観を知るため

早期退職は企業側、求職者側共にメリットはありません。
価値観でのミスマッチを事前に防ぐということは大事なポイントです。

転職・退職の理由を回答する際のポイントとは?

①とにかくネガティブな印象を与えないこと

例えば、「給与が低い」「残業が多い」「職場での人間関係」などは、
よく挙げられる転職・退職の理由です。
これらを理由として挙げる際には、
もちろん注意しなければならないことがございます。
とにかく転職・退職の理由が、
ネガティブな印象として認識されすぎないように答えることがポイントです。

※例
・「給与が低い」ことを理由での転職・退職の際
「実績が給与に反映されにくかった」と言い換える。
・「職場での人間関係」が理由での転職・退職の際
「個人の意見が重視されない社風が合わなかった」と言い換える。
個人的な不平不満による退職と思われないようにしましょう。

②キャリアプランとのつながりをイメージできているか

長期的なキャリアプランがあり、
転職の目的を整理できているかどうかも大事なポイントです。
自分の特性、スキル、そして将来的なビジョンなどから逆算し、
今回の転職がキャリアプランという軸に沿った一貫性のある行動であることをアピールすると良い結果がいただけるかもしれません!

いかがでしたでしょうか?
面接時のピンポイントでのコラム内容ですが、
是非参考にしていただければと思います!!

copyright© Owen, inc. All Rights Reserved.